エアコンの大きさと電気料金

今日自宅のエアコンを見ていてふと思ったのですが、エアコンの最大能力というのがあります。
よく広さに対して何畳用とかって見たことがあるかと思います。
それを見て思ったのですが、大きなエアコンを小さい部屋につけて設定温度を高く設定しても結構な涼しさになるのではないかと言うこと。
大きなエアコンは購入時コストがとても大きくかかります。しかし設定温度を低くすることによってランニングコストを下げることが可能であるかと思います。
それとは逆に、小さいエアコンを大きな部屋につけて設定温度を低く設定すればある程度大きな部屋でも涼しく過ごすことが出来るのではないかということです。
これはさっきと真逆で購入時のコストは安く出来る代わりにランニングコストを上げる事になります。
もちろん長く使えば使うほどランニングコストが安いほうが得になってきますが、昨今の電化製品は製造時に設定寿命というのがあるらしくその設定を過ぎると壊れやすくなるといった事を聞いたことがあります。
それならば安く買って、多少高く運用しても壊れたらまた最新機種に買い換えたほうが製品自体の省エネ性能も上がっているだろうし、得なのではないかと。
ふと自宅のエアコンを眺めながら思いました。